買取に出す前に知っておきたい!事故物件に関する豆知識について解説します

こちらのサイトは、事故物件に関する豆知識を分かり解説しており、買取に出す前に把握しておくべきポイントが分かります。
一般的に流通ができない物件などからも、処分に悩みを抱えている人も多いのではないでしょうか。
専門業者が対応してくれるので査定を依頼するのがおすすめで、査定は1社だけでなく複数の会社に対して相見積もりを取り価格の比較や対応の良し悪しを比較しましょう。
また、高額な価格で売却できる最終的な方法について解説しますので参考にされることをおすすめします。

買取に出す前に知っておきたい!事故物件に関する豆知識について解説します

事故物件を処分することは簡単にはできない、仲介業者を利用して購入希望者を探しても反響が全くないなどのケースもゼロではありません。
事故物件には色々な種類があるけれども、このような物件であることを隠して販売することはできないので当然です。
しかし、知識を得ておくことで事故物件は買取を専門にしている会社があることが分かりますし、専門の会社がなぜ買取するのか知識を得ておけば仮に相続した不動産が事故物件の場合でも売却が可能になります。

事故物件の価格は通常の物件と比較するとかなり価格が低く抑えられる

自然死や孤独死といったいわゆる「心理的瑕疵」を抱えた物件のことを、事故物件と言います。
この物件を持つ大家は売却に頭を悩ませることが多いでしょう。
事故物件の「心理的瑕疵」の種類によって、物件価格の下落幅が決まります。
通常の自然死や孤独死の場合は10%から20%程度の下落で済みますが、それ以外となると下落幅が大きくなる傾向にあるのです。
自殺のあった場合となると20%または30%、そして事件性のある殺人ともなると、30%から50%まで価格が落ちてしまいます。
こうした事故物件を売却するためには、事故物件取り扱い実績のある不動産会社に相談することが大切です。
売却の際には、事故の発生した場所と時期を伝える「告知義務」も発生します。
それらをクリアした上で販売したいのであれば、専門家の力を借りることが一番と言えるでしょう。
近年は「心理的瑕疵」のある物件専門の買取業者も存在します。
何とかして売却したい場合は、こうした不動産に相談することが近道です。

事故物件で価格は履歴に反映されているので査定に大きく影響されている

不動産には土地や建物などのいろいろな種類の物件が存在しますが、実際に物件を所有しているような場合は売却することが可能です。
通常の物件であれば高値で売れるようなこともありますが、事故物件になると通常の物件よりも簡単に売るようなことができない特徴があります。
事故物件は基本的に誰かが建物の中などで亡くなってしまったような物件が該当してきますから、通常の物件よりも実際に買いたいと名乗り出るような人が少なくなる可能性が高いです。
のため事故物件の場合は仲介のサービスを利用するのではなく、買取のサービスを利用することになりますから、査定額が重要になってきます。
当然ながら通常の物件よりも査定額は安くなると考えられるので、ある程度の査定を出してもらえたら、早めに売却してしまったほうが安心です。
実際に発生した事件の内容などによっても違いがありますし、履歴が反映されるような特徴があるので、そのような物件を購入して将来的に売却をする場合の査定にも影響がでると考えられます。

事故物件は専門家に任せると運用の詳しい知識を持っていて低価格になりにくい

事故物件をできるだけスムーズに売却したい場合、専門家に任せたほうが安心です。
専門家の場合、売却などに関してだけではなく、事故物件を運用するための専門知識が豊富であるため、売却した物件を運用しても低価格になりにくいといいます。
一般的な大家では事故物件を運用するにあたり、どうしても自分たちだけでは運用できずに売却してしまうことが多いです。
しかし、専門家であれば事故のある物件だからこそ効率よく運用する方法を熟知しているため、相談することで納得できる形で売却できるようになっています。
専門家の存在についてよくわからない場合には、インターネットで専門家を紹介しているサイトが複数存在しているため、参考にすると便利です。
複数の口コミでの評判を確認してから依頼すると、後悔が少なくなります。
不動産のプロに任せることで、それほど大きな損とならずに適切な価格で売却をすることができたという経験をしたオーナーも多いです。

事故物件の高価買取を希望するなら依頼先の行政履歴処分の確認をする

不動産会社の中には、事故物件を専門に取り扱うという「事故物件専門業者」が存在します。
値段が下落した物件を中心に購入し、販売することで利益を上げることが出来る会社です。
しかし、こうした不動産に物件売却を依頼する際は、過去にその業者が「行政履歴処分」を受けていないかを確認するべきでしょう。
「行政履歴処分」は、国土交通省が管理しているデータベースで、事業者の過去のネガティブ情報を検索することが可能です。
事故物件を売却するには、告知義務が発生します。
ところがこの義務を怠り、売主からあとで損害賠償請求を起こされるケースが近年目立ってきました。
その場合、もともとの事故物件の保有者にも関係が及ぶ可能性があります。
トラブルを避けるためにも、過去に違法な方法で不動産を売却したケースがないかどうかを、あらかじめ調べておくことが大切です。
国土交通省のサイトは誰でもアクセスすることが出来る上に、非常に信頼性が高いものと言えます。